アメリカ留学、一緒に来る?

夫の留学についていくことになった。アメリカ生活・妊娠・出産についても記録するかも。

包丁で指を切り、救急窓口で3針縫った

「引越ししたら腰を痛めた」「引越ししたら風邪をひいた」「引越ししたら気分が落ちた」 

無理をしすぎたり新天地になじめなかったりでそんな話は聞いたことあるけど、私の場合は「引越ししたら指を切って3針縫った」でした。

f:id:asakoi-12221986:20180814013757j:image

自分の身に起きたことが悲しすぎるので、近所の散歩道からの景色の写真でごまかす

 

ある晩、時差ボケで寝付けなくてぐずる息子を夫に託し、夕飯の支度を始めたところだった。NYに移ってきてから新しいキッチンで初めてちゃんと取り掛かる料理。新しく買ったまな板。新しく買った包丁。その日1日は日本食スーパーや近所のスーパーをはしごしたせいで疲れてたけど、新居と言う名の魔法によって私はやる気に満ち溢れていた。

さて人参を手に取ったときピーラーを買い忘れていたことに気づき、ナイフで剥くことにした。オーガニックスーパーの人参は自然体そのもので、形も不揃い。

愛着を持ちながらナイフを動かした矢先、サクッ!!ピュー(血)!!

新品だからこそ、そのナイフの最大カットパワーが発揮されたのだった。左手の親指の先っちょをスパッとやってしまった。とにかく一生懸命圧迫して止血を試みる。…血が止まらない。

【指 止血 血が止まらない】とかでググってみて、10分くらい圧迫し続けても血が止まらないようであれば医療機関に行くべき、とあった。

そこで、今の私の保険状況

  • 引越したばかりでかかりつけ医もいない
  • そもそもセットアップ期間中なので夫の雇用が始まっておらず保険も未加入
  • あるのはカリフォルニアのMedi-calのpartial coverageだけ
  • それも引っ越しちゃったから解約しないといけない

という事情をゆっくりと思い出し、ゾゾゾーッとする。

日曜の夜になんてことだ。とりあえず粘って30分圧迫止血。もっと耐えたかも。それでも圧迫をやめるとタラタラと滴り落ちてくる。

 

参った。NYに到着して3日目の夜にして、恐怖のemergency roomのお世話にならざるを得なくなってしまった。

 

なかなか寝付けない息子を必死にあやす夫を残し、夜9時にUberで近所の救急窓口へ向かった。私の前に3人患者さんがいるから待つように言われたけど、途中で心肺機能が急激に落ちていそうな患者さんや、負傷した警察官がバタバタとはいってきたりして、少し順番を飛ばされた。指の先っちょ以外は健康だからやむを得ない。救急窓口の向こう側は壮絶な世界で、泣きわめく赤ちゃんもいれば、「cardiac group experts全員集合」のような明らかにコードブルーのような放送が流れたりもしていた。

ようやく1時間半しないくらいでチェックインできた。血圧やSpO2を測りながら保険(Medi-cal)と身分証明を確認されたらすぐに病室へ。指先に麻酔をされ*1、サクサクサクっと(かなり雑に*2)3針縫われて終了。10日後に抜糸のためまた訪問するよう言われた。ちなみにオフピークは朝の7-8時くらいとのこと。

帰りのUberでドライバーにhow was your day?と聞かれたのでここぞとばかりに身の上話をした。そしたらインド系の彼は「僕は右手を大怪我したとき大変だったよ。インドの文化で左手は使っちゃいけないから、怪我した右手でご飯を食べたり全てやらなくてはならずとても苦労した。だから左手でよかったね。」と励ましてくれた。たしかにそんな文化があると右手の怪我は厄介だ。

 

家に帰ると、泣き疲れて寝た息子と共に、夕ご飯も食べられずげっそりした夫が暗い部屋の中で待っていた。

この時点で夜10時半。カレーは諦めて、引越し前にLAの友人が持たせてくれた素麺をにゅうめんにして食べた。まさかもらった素麺をこのタイミングで食べるとは想像もしてなかったけど、ありがたみに泣けた。

 

そんな日もありますよね。。。

 

追記】Medi-calは引越し後10日以内にcounty officeに転居の報告をする必要がある。一連のことが起きた後に電話したところ、来月1日付で我が家全員とも解約になるということだった。つまり今回のemergency room費用はカバー対象。ただし抜糸処置のための再診は緊急じゃないので自腹となる。

 

*1:無視できないほどには痛かった

*2:処置3日目に1箇所ほどけてしまって途方にくれてる…

U-boxを使ってNYへ引越し

夫の研修のためNYへ引っ越して来た。

アパート探しでバタバタ、荷造りと荷物の搬出でバタバタ、入居してから家具探しでバタバタ。怒涛の2週間だった。

さて、今回はいわゆる引越業者ではなく、U-Haulのコンテナ輸送サービスであるU-boxを使ってみた。

U-Haul: Dimensions of a U-Box Container

どうしてU-boxにしたか

大陸横断の引越しにはとにかく費用がかかる。駐在じゃなく全部自腹で負担となるとリーズナブルに済ませたいところ。オンラインで何社か問い合わせたけど、$3000-5000*1くらいのイメージで、多種多様な見積もりが返ってきた。荷造りも全部お任せプランにした日には一体いくらかかるのやら。

ちなみに、日系業者は高いと聞いたので問い合わせはしていない。

もう少し安価なオプションを考えた結果、コンテナ輸送サービス*2はどうかと思い至った。PODS, U-box, U-pack (Relocube)に問い合わせた。

そこで見積もり額が$1100ほどで1番リーズナブルだったU-boxに決定。

荷造りから荷物受け取りまでの流れ

U-boxには色々な搬入搬出のオプションが用意されている。

コンテナ輸送については

  • コンテナを家の前に運んでもらって、荷物を搬入し終えたら回収•輸送
  • コンテナが保管してあるファシリティに荷物を自力で運び、荷物を搬入し終えたら輸送

家の駐車場スペースが使えたり、路上駐車ができる場所であれば前者が便利。

ただLAのエリアによっては路上駐車するにあたり当局の許可が必要なケースがあるらしい。しかも道端に数日コンテナを放置することになる。それで構わないなら自己責任でやってみて、と言われてしまった。

少し怖くなったので、私たちは後者のオプションを選んだ。つまり、家(U-haul vanを借りて荷物搬出)→ファシリティ(boxに荷物詰め込み)→NYへ輸送、という流れとなる。

実際の我が家のスケジュール

  • 引越し1ヶ月前: U-box予約
  • 引越し10日前: 入居先決定
  • 引越し5日前: びびなびで無料の段ボールゲット、荷造り、入居先住所をU-Haulに連絡して予約確認
  • 引越し3日前: U-haul vanで荷物搬出→U-boxに詰め込み
  • 引越し2日前: U-box輸送開始
  • 引越し当日: スーツケース大2個、小1個で家族3人分の当座の荷物をフライトで運ぶ

【この先の予定】

  • 引越しから2週間: U-boxがBrooklynにあるファシリティに到着
  • 翌日: 新居に荷物搬入

Mover’s helpは必要だった

最初は節約のため、夫婦2人ないし友人の力を借りて荷物搬出を全部やり切るつもりだった。でもみんな引越しやら夏休み旅行やらあるし、お礼に何かご馳走するにもこちらが引越しまで時間がなかったりして、調整が難しかった。

というわけでU-Haulとの提携引越し業者を手配することになった。結論から言えばこれが大正解!

家からレンタカーに荷物を載せるのは自分達でやって*3、ファシリティ現地でボックスに詰め込む作業を業者にお願いした。作業効率もさすがだし、荷物が揺れて動かないようにする小技もプロならでは。自力でできる代物ではなかった。費用は$110くらい。

というわけでNYに荷物が届いた後の搬入作業も、引越し業者の手を借りたいと思っている。今回はレンタカーせず、ファシリティからの運び出しからプロにお願いするので$400くらいの費用になりそう*4。それでトータルしても、他の引越し方法よりは圧倒的にリーズナブルな出費に抑えられたはず。

荷物の量とU-boxの必要個数

我が家はLAで使っていた大物家具はほぼ全て友人に譲ってしまった。

今回詰め込んだ荷物の全容としては以下の通り

  • 大きな段ボール10個くらい
  • 小ぶりの段ボール10個くらい
  • 衣装ケース3個
  • 息子のdiaper changing table、ハイチェア、プレイジム
  • ゴルフバッグ

おそらくstudioサイズのアパートと同じくらいの荷物量かと思う。これでU-box1個のスペースに少し余裕を持って詰め込めた*5。ここにソファやテレビや本棚が加わってくる場合には、多分U-boxが2個必要かも。

 

以上が今回の引越しのあらまし。赤ちゃん連れだと予約電話をするのもタイミングと気合いが要るのでいつもより疲れた!

今ごろうちのU-boxはどこか中西部あたりをドライブしながら東海岸に向かっているらしい。無事に届きますように…

 

*1:1 bedroom, LA→NY, 自力で荷造り

*2:moving container and storage serviceでググると出てくる

*3:台車(Dolly)は絶対レンタル予約したほうがいい。レンタカー予約に$7でつけられた

*4:ボックスの鍵は自分で保管するので、業者に勝手に荷物を開けられる心配はない

*5:レンタルしたvanには危うかったけどギリギリ入った

車の事故のことで裁判沙汰になった

なんの因果か知らないけど、我が家のLA生活は車トラブルなしには語れないほどにネタだらけ。

なんと、12月に起こした事故の相手から、民事裁判で訴えられた!

過去の記事↓

asa-ita-haya.hatenablog.com
asa-ita-haya.hatenablog.com

asa-ita-haya.hatenablog.com

asa-ita-haya.hatenablog.com
asa-ita-haya.hatenablog.com 

asa-ita-haya.hatenablog.com

 

  • それは突然やって来た
  • なぜ訴えられたか
  • 保険会社に電話
  • 裁判2日前まで相手と連絡つかず
  • やっと連絡とれたあと、結末
続きを読む

4ヶ月ベビーと2人だけで一時帰国【時差ボケ編】

先月の2週間にわたる一時帰国してきた後日談として、逃げも隠れもできないアレ。

時差ボケとの闘い。

 

一時帰国のよもやま話↓

asa-ita-haya.hatenablog.com

asa-ita-haya.hatenablog.com

asa-ita-haya.hatenablog.com

 

  • ロサンゼルス→東京
    • 1日目-こんなに夜中にグズったのは初めて
    • 2日目以降-日中はよく寝て、夜はまあまあ大変
  • 東京→ロサンゼルス
    • 1日目-寝ない
    • 2-5日目-大変さのピーク
    • 1週間後-睡眠スケジュールがジーナ式に近づいた

 

続きを読む

医療保険を解約しようとしたら

8月からNYに引っ越すので、以前から加入している保険を解約しようと電話したら「もう解約されている」と言われてびっくりした、という話。

 

今回はこの記事の続き 

asa-ita-haya.hatenablog.com

 

保険に関する奮闘記

asa-ita-haya.hatenablog.com

asa-ita-haya.hatenablog.com

asa-ita-haya.hatenablog.com 

asa-ita-haya.hatenablog.com 

asa-ita-haya.hatenablog.com

asa-ita-haya.hatenablog.com

 

  • 私の認識
  • 実はMedi-cal加入とともに保険は解約されていた
    • Partial coverageというのが曲者だった!

 

続きを読む

4ヶ月ベビーと2人だけで一時帰国【復路フライトと入国編】

ロサンゼルスに戻ってきました。日本では家族・親戚・友人と語らい、あっという間に時間が過ぎた。おいしい白米、シャワーの強い水圧、ウォシュレットというささやかな幸せも堪能できた*1

実は今回のアメリカ再入国については心配事がひとつ。夫の労働許可証(EADカード)がまだ申請処理中で当局から届いておらず、F-2の私は再入国できるのか、という問題があった。

  • 復路フライト
    • ちょっと不満が残る機内サービス
    • 息子の睡眠
  • 入国審査
    • 当時の状況
    • 懸念
    • 持ち物
    • 実際のイミグレにて
  • 最後、親切な人々に助けられる

 

asa-ita-haya.hatenablog.com

asa-ita-haya.hatenablog.com

 

*1:ちなみに温便座は誰かが座った後のぬくもりみたいに感じてあまり好きじゃなくなった

続きを読む

4ヶ月ベビーと2人だけで一時帰国【外出編】

実家のある東京で過ごして早1週間。一時帰国も折り返し地点を過ぎてしまった。

ほぼ毎日何かしらの用事で出かけていると、車ありきで外出するロサンゼルスとの違いに気がつく。

  • ストローラー
    • 電車に乗る
    • バスに乗る
  • 抱っこ紐
    • 抱っこ癖?
    • エルゴでトイレ問題
  • 息子の反応
  • 周りの目

 フライト編はこちら

 

asa-ita-haya.hatenablog.com

 

続きを読む